埋没毛について

脱毛の方法によっては、お肌トラブルが起こる可能性がありますので、十分注意が必要です。埋没毛は、脱毛することにより、皮膚の毛穴にダメージを受けて、その後、皮膚の傷が治ったあとに、毛穴がふさがれてしまう状態のことを指します。

 

脱毛処理をしても、しばらく時間がたてばまたムダ毛が発毛して、どんどん伸びてきます。しかし、埋没毛になると、ムダ毛が毛穴から出られない状態になり、表面にはムダ毛が出なくても、毛穴の中にもぐった状態になります。これをそのまま放置しておくと、細菌が侵入して、炎症を起こしやすくなります。

 

埋没毛は、とくに自己処理での脱毛に多くみられます。通常は、ムダ毛が目立っていても、そのこと自体にはお肌トラブルはとはまったく無縁と言って良いでしょう。

 

ところが、自己処理による脱毛でムダ毛の剃り方が中途半端だったり、深く剃りすぎたり、ムダ毛の方向と逆剃りになると、脱毛後のお肌にダメージを受けてしまい、毛根に残ったムダ毛が、毛穴の表面に出なくなり、出口がなくなったムダ毛は皮下に伸びるようになります。

 

お肌の表面にムダ毛が見えなくなっても、埋没毛によって、皮膚がかゆくなり、かきむしって赤く腫れ上がったりすることもあります。